2016年12月23日金曜日

アフリカンナイトの開催報告

こんにちは、近江です!

さて、1218日(日)にConnection of the ChildrenCoCGlobal Bridge NetworkGBNが共同で開催したアフリカンナイト、約30名の皆さまがお越し下さり、盛況に終わりました!

<当日のプログラム>
15:00 オープン
16:00 クイズ☆アフリカ(名前の通り、アフリカに関するクイズ大会!)
17:00 みんなで踊ろう!アフリカンダンス
18:30 ウガンダの紹介
19:30 終了

ウガンダ人のプレシャスちゃんが、母国ウガンダの紹介を日本語で行ってくれました!


みんなでアフリカンダンス♪
<当日のお食事メニュー>
ビーンズカレー&ライス、キャベツのカレー風味サラダ(どちらもウガンダの食事です)

<販売ドリンクメニュー>
 ケニア産ビール、南アフリカ産ウィスキー、南アフリカ産ワイン、ルワンダ産コーヒー、ウガンダ産コーヒー、ウガンダ産シェリー酒、その他各種ドリンクなど

<物販コーナー>
 Alyxさんの手作りチテンジオーナメント(Alyxさんの直接販売!)、Bereeseraのレザー商品、Daisyのアクセサリー、アフリカで買い付けたグッズ

物販コーナーはこちら!アイテムが多くてテーブルに置ききれない事態に(笑)

当日はウガンダ人やカメルーン人の方々が遊びに来てくれました!
アフリカに行ったことのある人や関心のある人、これからアフリカに行く人、会場のご近所さんなど、様々なバックグラウンドを持つ日本人の方々もお越し下さったことで、アフリカに関する様々なお話が出てきたことかと思います。
(私も皆さまの会話にとっっても混ざりたかったのですが、当日はバタバタとしてしまい…泣)
普段なかなか知り合うことの出来ない方々とも、交流出来る場になったのではないかと思います。私自身も、久しぶりにお会いする方が来て下さって嬉しかったり、新たな繋がりにわくわくしたり、元気をもらったり、とっても楽しかったです!
会場のCASACOは古民家をリノベーションした場所ということもあり、アットホームな雰囲気で過ごすことが出来ました。

アフリカに関するクイズ大会を開催中♪

GBNにとっては初めてのイベント開催ということもあり、準備や運営等で至らない点も多々あったかと思いますが、皆さまのご理解・ご協力に大変感謝しています。

大学の後輩がCoCの運営に関わっており、その繋がりから生まれたアフリカンナイト。
定期的に開催出来たらいいな~♪というお話も出ているので、今後の展開も楽しみにしていてくださいね!
片づけなどをしつつも、最終的にみんな輪になって踊り出しました(笑)

引き続き、GBNではその他の国際交流事業も引き続き行っていく予定です。
来年には、ウガンダの小学校と日本の小学校が交流出来るかも…?!

どんなプログラムが生まれるか、今から楽しみです!







最後に集合写真を撮影し忘れたことに気づき、残っていた人だけで撮影しました(汗)



右から、GBNの大西、近江。
プレシャスちゃん一家とパチリ☆


*GBNのFacebookページ* https://www.facebook.com/globalbridgenetwork/


*GBNのFacebookページ*









2016年12月8日木曜日

Bereesera(ベレッセラ)代表・吉野さんのご紹介

みなさま、こんにちは!
近日中に、Global Bridge Networkでは新商品の取扱いを始めます♪
今度の新商品は、レザーとチテンジ(アフリカの伝統的な布)を組み合わせた、とってもかわいい製品。
製作しているのはBereesera(ベレッセラ)という、ウガンダのシングルマザーのグループ。
この団体を主宰している吉野さんを今回はご紹介させて頂きます☆
ウガンダで活動中の吉野さんからメッセージを頂きましたので、どうぞご覧ください!


-Bereesera(ベレッセラ)をはじめたきっかけ-
ウガンダでは、予期せぬ妊娠、離婚、夫との死別、さまざまな理由でシングルマザーになる女性がたくさんいます。ただでさえ仕事に就くことが難しいこの国で、彼女たちが子育てをしながら、生活するために十分な収入を得る仕事を見つけることは非常に困難です。

20151月、ある青年海外協力隊員がウガンダでの任期を終え、日本へ帰国しました。彼が行っていたのは、経済的・社会的に厳しい状況にあるシングルマザーの収入向上支援。シングルマザーにウガンダ産レザーとチテンジ(アフリカの伝統的な布)を組み合わせたものづくりを行ってもらい、働く機会を提供することで収入を得られるようにする活動です。彼の思いにとても共感した私は、彼の帰国後にボランティアグループ「Bereesera」を立ち上げて、この活動を引き継ぐことにしました。

Bereeseraには、ウガンダの言葉で「attractive:魅力的な」、「shiny:輝く」という意味があります。アフリカのレザーと色鮮やかなチテンジから生み出される商品が、お客様にとって魅力的でずっと輝いて欲しいという願いを込めています。

-Bereseeraの商品の魅力-
 私たちの商品は、ウガンダのシングルマザーが一針一針、丁寧に作っていることが特徴です。より多くの女性が働ける場を創造するため、ミシンはあえて使いません。ウガンダで手に入る素材を最大限に活かした手仕事の魅力が、ともに働くウガンダの女性達にも、お客様にも伝わることを願っています。
 商品の種類は、もともと青年海外協力隊員の方が開発したコースター、鍋敷き、マウスパッド、キーホルダーに加え、ポーチ、ショルダーバッグ、パスポートホルダー等、少しずつ増えてきました。ハシビロコウ(鳥)のキーホルダーやパスポートホルダーは、最近ウガンダで人気の商品です。

‐苦労していることやシングルマザーとの関係-
元青年海外協力隊員の方が、レザークラフト作りの職人として育成されたのが、  シングルマザーのナジュマです。 私が彼女と一緒に活動するようになって2年。この道3年の経験を積んだ彼女は、色々な商品を作れるようになり、現在、他の女性達をトレーニングするまでに成長しています。 しかし、現在でも苦労していることもあります。私はガンダ語が話せないので、英語でコミュニケーションをとっています。彼女は中学を中退しているので、英語は最小限しか話せません。そのような状況で、ものづくりの細かい指示を理解してもらうのは、大変でした。「ここは、こうやって、こんな風に縫ってね」と私が指示を出し、彼女が「Yes」と答えてくれたのに、全く違うことが起こる。そんな事が何度も起こりました。それでもナジュマは、素直で頑張り屋さんなので、私もくじけず一緒に頑張ってくることができました。


ナジュマさん(左)と吉野さん(右)


-NGOのサポートと活動に懸ける想い-
20159月から、TORUWUTraining Rural Women in Uganda)という現地のNGO支援も始めました。そのNGOの女性グループにも手縫いの指導や道具の提供を行い、少しずつ作ることの出来る商品も増えてきました。
私たちは経済的、社会的に厳しい環境で生きる女性達に就業の機会を提供することを目指しています。ぜひBereeseraの商品を手に取って、ウガンダで頑張る女性達とつながり、彼女達を身近に感じていただけると嬉しいです。




Bereesera 代表 吉野あかね





*GBNのFacebookページ*




2016年12月7日水曜日

『ソトコト』2017年1月号に掲載頂きました!

皆さま、こんにちは!いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

今日は大・大・大ニュースのお知らせです!
なんと…!!
12月5日(月)発売の『ソトコト』2017年1月号のアフリカンビジネスニュースのページで、Global Bridge Network(GBN) のアクセサリーが紹介されました~♪♪



おしゃれ大好きなDaisyさんの手作りアクセサリーについて記載していただきました♪
GBNのネットショップで販売中!

また、大西がウガンダで開催したワークショップで女の子たちがつくったアクセサリーもあります。

このアクセサリーをご購入頂くことで、ウガンダの女の子のサポート、女性の自立支援に繋がります。

どれも手作りの一点ものなので、お早めにお求めくださいね。
GBNのショップページ


ソトコトさん、今回は本当にありがとうございました!!

GBNでは、今後も続々とアフリカのグッズをネットショップで販売予定です☆
随時お知らせしてまいりますので、ご覧いただけますと幸いです!


http://globalbridgenetwork.org/

*GBNのFacebookページ*


アフリカンナイト開催!(12月18日(日)@横浜)

さま、こんにちは!いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます☆

今回はなんと…Global Bridge Network (GBN)初イベントのお知らせです!!
アフリカを身近に感じられるイベント、「アフリカンナイト」を開催します!

今回は、私たちと同じく横浜に拠点を構える、Connection of the ChildrenCoCさんとのコラボイベント!

アフリカの国の紹介(どこの国かは当日のお楽しみ☆)やアフリカのダンス、クイズを通じて、アフリカについて気軽に知ることの出来る機会です。
アフリカ出身の方々も参加するので、ナマのアフリカ話も聞けますよ♪
アフリカから届いたかわいい雑貨・アクセサリーも販売しますので、お買い物を通じて国際協力にも参加できます!

当日ふらっとお越しいただき、ドリンクを片手にご参加いただくのも大歓迎!

貴重なケニアのビールや、ウガンダやルワンダのコーヒーもご用意しています。

ぜひお気軽にお申込みください♪

***************************************

<アフリカンナイト>

日時:1218日(日)15時~19時半
場所:Casaco(横浜市西区東が丘23-1、最寄駅:京急線日ノ出町駅から徒歩5分、またはJR桜木町駅から徒歩13分)
参加費:1,500円(1ドリンク&軽食付)
申込先:info@coc-i.org
申込方法:
Facebookアカウントをお持ちの方はこちらのURLから「参加」をクリック:
Facebookアカウントをお持ちでない方:
上記連絡先のメールアドレスへ、①お名前、②参加人数をご連絡下さい。
(上記の連絡先はGBNではなく、CoC様のメールアドレスとなっております。


〜当日プログラム案内〜
15:00 開場
プログラムスタート
16:00 クイズ·アフリカ!豪華商品付☆
  ~子どもも大人も楽しめるので、お子さん連れも大歓迎~
17:00 みんなで踊るアフリカンダンス
  ~アフリカの音楽と共に楽しいひと時を~
18:00 アフリカ人による国の紹介(日本語)
  ~どこの国かは当日のお楽しみ!異国の魅力をお伝えします~
19:30 終了



***************************************





http://globalbridgenetwork.org/


*GBNのFacebookページ*


Global Bridge Networkの立ち上げメンバー、近江の紹介!

Global Bridge NetworkGBN)の立ち上げメンバー、近江です。

前回の大西の紹介に引き続き、今回は私の紹介をさせて頂きます。
なぜ国際協力に関心を持つようになったのか、どのような経緯でGBNの運営に関わることになったのか等々お伝えしていきます。

ウガンダダンスを踊った時の1コマ☆

・途上国に関心を持ったきっかけ
 高校生の時、とあるテレビ番組(ラブワゴンで男女が世界中を旅する、あの番組です!)でケニアのスラム街を訪れている場面を見ました。アフリカには、貧困や病気、紛争といった負のイメージしか私にはありませんでした。
でも、実際にそこに映し出されたのは、子どもたちの屈託のない笑顔。自分のイメージと大きなギャップを感じ、自分の目で実際に物事を見る大切さを強く感じました。私も現地に行ってみたい、私にも何か出来ることは無いのだろうか、と思うようになりました。

・はじめてのアフリカ
最初に関心を持った地域がアフリカだったため、アフリカに行ってみたいと思いつつ、どのようにきっかけをつくればいいか分からず、なかなか踏み出せなかった私。
大学3年生のある日、「ODA民間モニター」(当時は外務省主催。現在は「国際協力レポーター」としてJICAが主催)というプログラムを発見し、初めてアフリカのケニア共和国を訪問しました。ODAの現場を視察する機会は滅多にありません。ODAに対しては様々なご意見もあると思いますが、異国の地で現地の人々のために働く日本人の皆さんに、とても感銘を受けました。

その後、NGOのボランティアでウガンダ共和国へ。小学校の建設活動やHIV/エイズ啓発活動を行い、水道・電気・ガス無しという環境で3週間弱過ごしました。高校生の時にテレビで見た場所とは違うけれど、ウガンダの子どもたちの笑顔もキラキラ輝いていました。でも、その笑顔の裏側には過酷な生活があるのも事実です。自分に出来ることはないのだろうか、やっぱりアフリカに携わる仕事をしたい!と考えるようになりました。

・青年海外協力隊員として再びウガンダへ!
 大学卒業後は民間企業で約3年勤務しました。その後、青年海外協力隊員としてウガンダへ赴任しました。20141月からの2年間、ウガンダのムベンデ県(首都から西へ約150㎞)の県庁の水事務所へ配属されました。住民の水源維持管理を監督する部署で、水源の現状確認、井戸等の新規建設及び修理、住民への衛生啓発等を行っています。
 ウガンダでは、住民自身が水源を管理しなければいけません。しかし、住民が水料金を支払わず、資金不足で井戸が故障したらほったらかし…という問題が多々あります。そうした課題を解決するために、沢山の青年海外協力隊員が派遣されています。


村の井戸修理を行っていました!
代表の大西に出会ったのも、実はウガンダ。彼女から、ムベンデ県で活動する現地のNGOSORAKを紹介してもらいました。今、GBNが協働して事業を行っているNGOです。その後、私も度々SORAKを訪問するようになりました。経済的な問題や距離の問題で学校に通えない子どもたちのために小学校を運営したり、HIV/AIDSグループのサポートをするなど、彼らの活動は現地のニーズを汲み取っており、運営面でも信頼できる団体だと実感するようになりました。

GBNの運営へ
 ウガンダでの任期を終え、201512月に帰国しました。帰国後に大西と再会し、「SORAKと事業を行うためにNPOを立ち上げないか」という話がありました。SORAKであれば、ともに活動していけると感じ、その思いに賛同して、運営に携わっています。

青年海外協力隊員として派遣される前の研修で、「任期中、どんな活動をしていきたいか?」ということを考える講義がありました。私が書いたのは「アフリカと日本の架け橋になりたい」ということ。偶然にも、Global Bridge Networkという名前に通ずるところがあります。アフリカは正直遠いですし、情報も限られていますが、その他の地域も含めて、少しでも皆様との架け橋を生み出すことが出来るよう、精一杯尽力していきます。

私たちだけでは力不足の点も多々あるため、皆様のお力もお借りしながら運営しています。引き続き、GBNをどうぞ宜しくお願い致します!


http://globalbridgenetwork.org/


*GBNのFacebookページ*