2018年5月20日日曜日

イベントのお知らせ:Sanyu!_第2弾(2018年6月9日(土)@浜松町)

みなさま、こんにちは☆Global Bridge Network(GBN)です!

今年度初のイベント”Sanyu!”_第2弾のお知らせです。

アフリカンダンススタジオの先生とのコラボ企画_第2弾です!
今回は浜松町の’Calabash’というアフリカンレストランを貸し切って、ダンスや音楽、ライブペイント、そしてウガンダの音楽に合わせてウガンダ人によるダンスセッションも行います

GBNからはウガンダの文化紹介、また現在ウガンダのムベンデ県で実施している環境にやさしい’レモングラス栽培’を動画で紹介します☆
そして、そこから生まれたエッセンシャルオイルの販売も行います。

他にもアフリカ産アクセサリーや雑貨などの販売も行います。

ウガンダの方々からの「ウガンダの良いところも知ってほしい」というリクエストに答えて!?ウガンダの素敵な観光地の動画も流す予定!

また、レストランなので、アフリカの食事もできますよー(別途料金)

ぜひ皆さまお越し下さいね♪以下、イベントの概要です。


素敵なイラストを描いて下さったのは、渡辺真知子さん。
Sanyu!のイメージに合わせて、特別に描いて頂きました♡
当日は、このイラストのポストカードやTシャツをご用意する予定です♪

**************************************

"Sanyu"は、アフリカのウガンダの言葉で"Happy"を意味します。

アフリカには貧困や紛争などたくさんの問題がある一方、身体が自然と踊り出すようなダンスや力強い太鼓、おしゃれな雑貨など親しみやすい面もたくさんあります!

今回のイベント"Sanyu!"は、アフリカのウガンダを中心に国際支援活動を行うNPO法人 Global Bridge Network、アフリカンスタイルダンスを行っているSTUDIO BARJARA DANCERS、Drums & Percussionの花岡 英一率いるアフリカンたいこ教室 Djembe Playersとユニークなコラボイベント!

アフリカが抱える問題を知るだけでなく、ダンスや太鼓もお楽しみ頂けます!
また、当日はおしゃれなアフリカン雑貨も多数ご用意しております。

イベントの収益は、経費を除いた全額がNPO法人Global Bridge Networkへの寄付となりますので、皆さまのご参加が国際協力活動にも自然と繋がる仕組みです。
真面目に、楽しく、アフリカについて知りましょう♪

アフリカを知ることで、皆さまがHappyな気持ちになれますように。
そして、ここからアフリカにたくさんのHappyが届きますように!

皆さまのお越しをお待ちしております♪
(シェア大歓迎♪)

・日時:2018年6月9日(土)18:30~21:30
・会場:アフリカンレストランCalabash
  (最寄駅:JR山手線 浜松町駅すぐ)

・プログラム:
 18:30 オープン
 19:30 スタート
・主催団体
・ウガンダ文化の紹介
・ウガンダQ&Aセッション
 20:30 ダンス&アフリカン太鼓ショー
 21:00 ウガンダ人によるダンスサークル
 21:30 クローズ

・チケット:前売り2,000円/当日2,500円
(1ドリンク付)
・出演団体:STUDIO BARJARA DANCERS、
アフリカンたいこ教室 Djembe Players
NPO法人Global Bridge Network

・お問合せ: sanyu.event@gmail.com
・お申込み: https://ssl.form-mailer.jp/fms/67d31824571916

・主催: NPO法人Global Bridge Network
http://www.globalbridgenetwork.org
・協賛:在日ウガンダ人の会(UDJ)
・コーディネイト: STUDIO BARJARA
https://www.studio-barjara.com

GBNのFacebookページへのいいね!もお待ちしております。
Facebookはこちら


2018年5月9日水曜日

【環境保全】 準郡代表による湿地保護に向けた現場モニタリング


皆さま、GWはいかがお過ごしましたでしょうか。

本日は、「ウガンダのムベンデ県にてレモングラスの栽培拡大と環境教育による環境保全事業」での活動報告の続きです。


昨年度の報告がまだ続いておりますが、現地での事業は順調に進んでおります!


前回は201710月に実施した「4つの準郡議会にて環境保全の法体制について議論と討議」について報告しました。


今回は201712月に実施した「4準郡の各代表による湿地帯の環境保全に向けた現場モニタリング」について報告します。



燃焼による環境破壊をモニタリング


本プロジェクトを実施している地域では、人々が農作地を求めて湿地帯へ侵入することから引き起こされる環境破壊が後を絶ちません。湿地帯は人々の大切な水資源であり、埋め立てたり、燃やしたりして破壊されると、予期せぬ干ばつなどに見舞われるときなど水源がなく大変なことになります。


そこで、準郡の代表たちを連れて、実際に自分たちの地域(準郡)で環境破壊が進んでいる現場に出向き、モニタリングを行いました。


参加した準郡は前回と同じ、チバリンガ、ナビンゴーラ、チガンド、カサンビアの4準郡、計600名が参加しました。


モニタリングでは、以下のような環境破壊が進んでしいました!


燃焼された木

埋め立てられた湿地
湿地帯に建設された排水路


不当投棄され散乱したゴミの山


モニタリングの後の振り返り会議では、下記のような提案が上がりました。

1.     湿地被害を食い止めるための定期的な該当地域の訪問

2.     地域住民に対する湿性植物の燃焼や湿地破壊による危険についての啓発

3.     土地を不当に侵す人物(侵入者)の逮捕や処罰



本モニタリングの1ヶ月後、湿地帯の侵入を防ぐために境界線が引かれました

湿地帯のの境界線の線引き


準群代表たちは荒廃した湿地帯や環境破壊が進んでいる現場を実際に目の当たりにし、より具体的な課題、また環境を守るため自分たちの役割が明確になったようです



現場モニタリング後の振り返りミーティング



モニタリングの詳しい内容はこちらをご覧ください。




*本プロジェクトは独立行政法人 地球環境基金様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら